実は意外と手ごろな料金で利用できるのがバーチャルオフィス

サイトマップ

開放的なミーティングルーム

複数店舗の運営にバーチャルオフィスを利用しよう

デスクと椅子

飲食や美容関連で複数店舗を運営する会社で本店移転ともなると手間暇だけでなく、高額な費用がかかることは少なくはありません。実務自体は既存店舗の一角で行えるというのであればバーチャルオフィスを本店住所として利用する方法があります。バーチャルオフィスを本店住所として固定することで、移転に伴う高額な費用負担を抑えることができます。さらに本店のためにオフィスを構えることがなくなり、既存店舗で実務を行えば毎月の家賃や水道光熱費などのランニングコストを削減することができます。
バーチャルオフィスでの住所利用だけなら月額2千円ほどのコストで都市部の一等地の住所を利用することができ、法人登記も可能です。例えば、人気がある主要都市の一等地を本店住所とし、遠く離れた店舗が実際の拠点という形態も可能です。さらにバーチャルオフィスなら日本各地に支店を開設することができ、会議室の利用も可能です。複数店舗を運営する際に定期開催する店舗責任者の会議などは、バーチャルオフィスと同時運営されるレンタルオフィスやシェアオフィスのあるフロアや施設内の会議室が利用できるため、自前で会議室を準備することもなくなります。そのため、既存店舗の限られたスペースを無駄なく使用でき、日本各地の会議スペースを確保することも可能です。

バーチャルオフィスで業務を効率化

事務局運営を委託される際、電話や郵送物の受付に苦労することは少なくはありません。同じ住所に複数の事務局宛に届く郵送物を振り分けるだけでも手間や時間がかかります。また、電話応対を行う際にも対応内容を変更する必要もあります。そこでバーチャルオフィスを利用して複数の事務局運営を効率化してみてはいかがでしょうか?
バーチャルオフィスは住所利用ができる上、電話対応や郵送物の転送といったサービスを利用できます。住所利用により複数の事務局運営を行うことができ、事務局宛に届く申込書などの管理をバーチャルオフィス側に任せることができます。郵送物や電話だけでなく、FAX受付も行ってくれてメールの転送連絡も行ってくれます。また、電話対応サービスを利用することでスタッフ1名で複数の電話対応を行っており負荷が増加しているというなら、対応能力を拡大することもできます。郵送物は定期的に仕分けされた状態で届くため、届いてから振り分ける必要がなく、効率化できます。また、バーチャルオフィスは月額数千円で利用できるため、運営コストを心配する必要もありません。秘書代行サービスや経理代行サービスなどもあるため、事務局宛に届いた郵送物だけでなく会費など入金管理なども任せることも可能です。

バーチャルオフィスを利用するなら公式サイトを作り込もう

バーチャルオフィスを利用するメリットは、イニシャルコストを抑えて法人登記が可能という点のほか、各種サービスを利用することで毎月の固定費支出を削減できるということが挙げられます。一方で、バーチャルオフィスは住所利用が基本となり、インターネット検索されるとバーチャルオフィスであることが分かり、信用を得にくいというデメリットが問題視されることもあります。対策として公式サイトに掲載する住所を文字ではなく、画像とするケースがあるものの逆効果になることもあります。
そこでバーチャルオフィスを利用する際には公式サイトいわゆるホームページをしっかりと構築することが重要になります。今ではインターネット検索するとさまざまな情報を調べることができ、取引先評価を行う上での初期ツールになります。ホームページの内容がスカスカよりも企業理念、事業内容から計画、連絡先がしっかりと確認できるだけでも安心感に差が生じます。また、さまざまな審査では公式ホームページがあるかも審査項目になっていることもあります。バーチャルオフィスであっても、事業実態や実績が確認できる会社であれば、住所のみで判断されるリスクが解消できます。また、バーチャルオフィスの運営会社が社会的に信頼があり、知名度の高さがあるということも重要になります。バーチャルオフィスを利用するならネット検索対応をしっかりと行いましょう。

バーチャルオフィスでも法人名義の口座開設が可能

タイピング

プライベート保護にバーチャルオフィスを活用しよう

ひらめき

バーチャルオフィスで電話や来客対応の人件費を削減しよう

ネットサーフィン

在宅ビジネスに最適なバーチャルオフィス

パソコン作業